生前贈与とは生きている間に財産を他人に無償であげることをいいます。

生前贈与を行うと受け取った側に贈与税という税金がかかります。

贈与税は個人が財産をもらった時にかかる税金なのですが、親の扶養義務に基づく子への生活費や教育費そして、ご祝儀等の社会通念上相当と認められるものであれば非課税になります。

なお、この贈与税は財産をもらう人ごとに年間110万を超えるかで判断します。

端的に説明すると、贈与する額が年間110万以下であれば税金はかからないのです。

贈与税の計算式は以下のようになっています。

贈与税=(贈与財産価格-基礎控除110万円)×税率-控除額

110万円を超えない様に、毎年少しずつ贈与して行くことを「暦年贈与」といいます。

この暦年贈与を上手に使うことで、相続税対策の有効な手段になります。

暦年贈与以外にも相続税対策のとして、有効な手段にとして代表的なものが、「相続時精算課税制度」と「居住用不動産の配偶者控除」です。

相続時精算課税制度

この制度は贈与税と相続税をまとめて計算、納税する仕組みです。
通常の暦年贈与は毎年110万円が非課税枠ですが、この制度を使えば、累計2500万円まで、無税で子や孫に渡せますので、高額な不動産も贈与しやくなります。
なお、今後と値上がりが想定される不動産や株式を贈与すると、贈与時の評価額で確定できる効果もあります。

居住用の不動産の配偶者控除

婚姻期間20年以上の夫婦間で居住用不動産またはそれを取得するするための金銭贈与をする場合、2110万円まで贈与税がかからない制度です。

以上が家族信託にかかる生前贈与の解説になります。

生前贈与を活用することにより、税金対策を行うことが可能です。

一度、税務の専門家に相談してみてはいかかでしょうか。