自分の財産を長期的に運用していくことができる「家族信託

では、家族信託で信託することができる財産にはどのようなものがあるのでしょうか。

家族信託を検討している方は、知っておきたいですよね。

信託することができる財産と、信託することができない財産について、以下にまとめましたので、確認していきましょう。

信託することができる財産

原則として種類は問わず、財産的価値があるものなら何でも信託することが出来ます。
具体的には以下の通りです。

・金銭

・不動産(土地や建物)

・株式

・国債等の有価証券

・特許権、著作権等の知的財産

・動産

・債権

・借地権

 

信託することができない財産

具体的には以下の通りです。

預金債権
譲渡禁止特約付債権の為、信託財産にすることはできません。

負の財産
例えば債務、負債等の財産は信託の対象外になります。※

一身専属権
例えば生活保護受給権、年金受給権は信託することができません。

※債務は信託出来ない財産に含まれますが、債権者の同意を得れば、債務の引き受けが可能になり、実質債務を信託することと同じ状態にすることが可能です。

以上が家族信託で信託出来る財産と、できない財産に関する解説になります。

財産についてしっかりと理解をし、より理想に近い家族信託を目指しましょう。