1.家族信託とは具体的にどのような仕組みなのですか?

1.家族信託は基本、委託者(受益者)、受託者、そして設置した場合には信託監督人によって実行されます。詳細は「家族信託の仕組みを簡単説明」にて解説していますので、ご確認くださいませ。

2.受託者はどのような人に任せるのが良いのでしょうか。

2.受託者は委託者の資産を運用していく立場にありますので、信頼できる人に任せるのが大前提になります。詳細は「家族信託における受託者の義務と適任者とは?」にて解説していますので、ご確認くださいませ。

3.受託者が委託者より先に亡くなった場合、信託契約はどうなりますか?

3.基本的に受託者が亡くなっただけでは、信託契約は終了しません。通常は信託契約書内に、第2受託者をあらかじめ設定しておくことにより対応します。それ以外にできる対策等は「受託者が先に亡くなるリスクについて」にて解説していますので、ご確認くださいませ。

4.家族信託を行うことによる、メリット及びデメリットは何ですか?

4.メリット及びデメリットに関しましては、「家族信託のメリットとデメリット」で解説していますので、ご確認くださいませ。

5.信託契約の種類にはどのようなものがありますか?

5.信託契約には「契約信託」、「遺言信託」、「自己信託」等の種類があります。詳しくは「信託契約の種類」にて解説していますので、ご確認くださいませ。

6.家族信託で信託できる財産にはどのようなものがありますか?

6.原則として財産価値があるものであれば、何でも信託することができます。詳細は「信託できる財産は?」にて解説していますので、ご確認くださいませ。

7.家族信託での委託者、受託者等の役割は兼任することができますか?

7.各役割は兼任が可能です。詳細は「家族信託 役割の兼任について」で解説していますので、ご確認くださいませ。

8.一度結んだ信託契約を取り消すことはできますか?

8.信託契約を取り消すことは可能です。詳しくは「信託契約で委託者が死亡した場合の定めと取消しについて」にて解説していますので、ご確認くださいませ。

9.信託契約を併合することは可能ですか?

9.可能です。また併合のみならず分割することもできます。詳細は「信託の併合及び分割について」で解説していますので、ご確認くださいませ。