家族信託は、委託者、受託者、受益者によって行われるのが一般的です。

受託者とは委託者の方(財産を託す人)から信託財産を委託された方のことを言います。

受託者の方は、信託契約に基づき、委託者の方から受託した信託財産を管理、運用していきます。

受託者の方は、業務として営利を目的とした信託を行わないことが前提条件になるため、基本的に信頼できる身近な家族の方がなるケースが多いです。

自分に万が一の事が起きた時等に、財産の運用を任せる相手になるわけですから、この選任は当然なのかもしれません。

また、受託者の方には、実行しなければならない義務があります。

以下にまとめましたので、確認してきましょう。

  • 善管注意義務
    善良な管理者としての注意をもって、信託業務を行う義務
  • 分別管理義務
    受託者の方は自身の財産と、委託者の方から委託された財産を分けて管理すること
  • 忠実義務
    忠実に信託業務を行う義務
  • 公平義務
    受益者の方が複数いる場合には、その方々に対し、公平に信託業務を行う義務
  • 帳簿の作成や報告、保存の義務等

受託者の方は、委託者の方の財産を管理する方になるので、例え家族の方であっても、誰でもいいというわけではありません。

受託者の方の理想的な人物像としては、信託の内容を理解し、適切な判断ができる方、委託者の方の思いを尊重してくださる方、財産管理をしっかりできる方、そして何より信頼できる方。

このような親族の方が適任だと言えるでしょう。

しかし、受託者に適している方が、必ずしも親族内にいるとは限りません。

「家族信託をしたいけど、適任者がいない。」そういった場合には、信託監督人(受託者の方を監督する人)を置くという方法があります。

信託監督人に関しましては「受託者の相談相手・お目付役 信託監督人の役割」にて解説していますので、ご確認くださいませ。

以上が、家族信託の受託者に関する解説です。